幼児教育は子供の可能性を引き出すことが重要

main-img

幼児教育は強制ではいけません。強制的に勉強をさせようとすると、子供は苦痛を感じるようになります。


強制はやめて、子供の能力を引き出すようにしましょう。どんな子供も可能性を持っています。
それを信じて引き出すのが、本当の幼児教育です。

子供は大人にくらべていろいろなことに関心を持っています。

大人が当たり前に思っていることにも疑問を感じて、質問をします。
それに丁寧に答えるのが幼児教育の始まりになります。

T-SITEは評判がとっても良くて有名です。

例えば、どうして空は青いのと聞いたら、適当に答えないで、その理由を調べて、子供に教えるようにします。

これを繰り返していると、子供の知的好奇心が発達してきます。これを伸ばすようにすれば、自分から進んで勉強する子供になります。

子供に教育する時は、親の姿勢も大切です。


すべての教育は自分に対する教育でもあることを自覚して、自分も教養を磨くようにしましょう。


具体的には、本を読むようにします。


本を読めば、いろいろな知識を蓄えられるようになります。


それを子供に伝えれば、立派な幼児教育になります。

大人が夢中で本を読んでいると、その姿勢は子供に伝わります。子供も本を読みたいと感じるようになるでしょう。

最初のうちは字を読むことができませんが、本を読み聞かせていると字を読めるようになります。
これをきっかけにして、勉強を始めれば、子供に苦痛を感じさせないで幼児教育を進められます。

赤ちゃんが夜泣きの喜びの声を頂いています。

読書はすべての勉強の基礎です。



本が読めるようになったら、簡単な計算なども教えてみましょう。

教育の事柄

subpage1

幼児教育とは、満一歳から小学校就学前の幼児期に行われる教育をさします。主に、家庭での教育が主とされていますが、幼児教育おいて、何が1番重要視されるのでしょうか?それはずばり、「早寝・早起き・朝ご飯」なのです。...

more

これからの教育

subpage2

小さなうちからスポーツや学習を始めておくことは、その後の成長に大きな影響を及ぼすといわれています。特に能力を伸ばしたい場合、早い段階で取り組み始めておかないと間に合わないという事もありがちです。...

more

教育について思うこと

subpage3

昨今、幼児教育というと一般的には、幼い頃から英語に親しませる英会話教育、受験のための学習教育、スポーツや諸々の習い事。これらは、何かの情報や技術を、その子に「持たせる」ものと言えます。...

more

納得の真実

subpage4

こどもの幼児教育の一環として英会話の習い事をさせている、もしくはこれからさせようと思っている親御さんも多いことと思います。一般的に英語教育といえば以前は英語の読み書きができることが大事でしたが、小学校から英会話の授業が始まることもあり、最近では自分の子供には英語ネイティブスピーカーと同じ発音を習得することを願われる親御さんも多いのではないでしょうか。...

more